介護福祉士とは

介護福祉士とは、認知症や寝たきりのお年より、障害のために日常生活の営みに支障がある人たちに身体や精神的自立を助け、入浴、食事、排泄等の介護を専門的知識と技術を用いて行う国家資格の取得者です。また、本人(当事者)や介護者(家族など)に対して介護に関する指導も行います。

1982年(昭和62)5月21日成立、同5月26日に公布された国家資格で、「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められており、同法に基づく名称独占の資格で「社会福祉士」と「介護福祉士」の資格とその業務の適正を図り、社会福祉の増進に寄与することを目的とするために定められました。
ちなみに、社会福祉士と介護福祉士は、どちらも「専門的な技術や知識」を持って社会福祉の増進にのぞむ資格ですが、社会福祉士は主に福祉に関する相談、助言、指導など間接的な援助となり、介護福祉士は介護や指導を行う直接的な援助を行います。